花粉症とアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法 渋谷区代々木の小児科、アレルギー科のいながきクリニックは代々木八幡駅徒歩0分

ご予約はWEBから

診療完全予約制03-5452-2844

東京都渋谷区代々木5-7-17
小田急線 代々木八幡駅 徒歩0分
千代田線 代々木公園駅 徒歩3分

  • TOP
  • 花粉症とアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法

花粉症とアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎・花粉症とはどんな病気?

アレルギー性鼻炎は、ダニやハウスダスト、カビなどが原因で、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状がみられる病気です。
花粉症は、花粉が原因で起こる季節性のアレルギー性鼻炎です。

アレルギー性鼻炎・花粉症の症状

花粉症患者さんは、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状が重症になると、「頭が重い」「だるい」、「夜眠れない」、「昼間に眠くなる」、「仕事や学業に集中できない」といった日常生活に支障を来すことがあります。
しかも、アレルギー性鼻炎・花粉症は長期にわたり症状が続くことが多く、時に患者さんの生活の質を大きく下げてしまいます。

今までの治療

アレルギー性鼻炎・花粉症の治療には、従来から抗ヒスタミン薬の内服と点鼻薬があります。
抗ヒスタミン薬は、くしゃみや鼻水の原因となるヒスタミンの作用を抑制する薬です。ザジテン、セルテクト、ザイザルなどたくさんの薬が販売されています。以前は眠くなるなどの副作用がありましたが、最近の新しい薬ではその心配も少なくなりました。
点鼻薬には、鼻噴霧用ステロイド薬・抗アレルギー薬・血管収縮薬があります。

アレルギー性鼻炎の患者さんは、炎症部位が鼻に限られているので、直接患部に投与する点鼻薬が無駄のない有効な治療法と言えます。しかし、小学生以下のお子さんでは嫌がってしまうこともあります。
その他、目のかゆみも伴う場合は、抗アレルギー作用のある点眼薬も用います。

アレルギーを根本から治す新しい治療・・・・舌下免疫療法

今までの治療は、出てきた症状を抑える薬です。これは、病気自体を治すものではありません。
そこで新しく登場した治療が、アレルゲン舌下免疫療法と呼ばれるものです。この治療は、ダニやスギなどのアレルギーの原因となるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげたり、日常生活に与える影響を改善したりすることができます。アレルギーを根本から治す治療です。

具体的には、1日1回、舌の下で保持するだけです。治療は数年かかりますが、正しく治療を行うと治療終了後も長期にわたって、症状を抑えることができます。日本で保険適応のある舌下免疫療法はダニとスギです。
年齢が5歳以上で、鼻炎症状でお困りの方はどなたでも行うことができます。お気軽にご相談ください。